社交ダンスは男と女のコミュニケーション

「社交ダンスは健全なスポーツです」

と強調する向きがあってね。


これは、かつて社交ダンスというものが

まだ風営法の縛りを受けていて、

どちらかというといかがわしいものとして

見られていた時代の反動だろうと思うのだけど、


なぜか「男と女」の部分を裏に引っ込め、

やっきになって健全さをアピールしようとする傾向が。


…いや、男と女が不健全ってワケやないけど(笑)

まあお子ちゃまの立ち入る分野ではありませんよって意味でね。(^^;



おいちゃんの両親、

いま70代半ばくらいなんだけど、

大学でおいちゃんが競技ダンス部に入ったと聞いて、

烈火のごとく怒り狂ったもんね。


遠征で地元、名古屋へ行った時も、

「そんなもん見だぐね!」って、

息子の活躍を完全スルー(笑)


社交ダンスなんて、キャバレーの片隅で、

スケベ爺が若いおなごのカラダを撫でまわしとる

くらいにしか思っとらんかったんだろうね(笑)



そんな時代でした。

ほんの20年くらい前までは。


その後、業界のえらい先生たちの必死の活動もあり、

徐々に社交ダンスは世間に認知されていきます。



ただ、その過程で、日本のダンス業界は

社交ダンスの根っこにあるとてもとても大事なものを

どっかに置き忘れてしまったかも知れない、

とおいちゃんは思ってます。


それが「男と女」の部分。




そりゃ運動にもなるし、汗もかくし、

健康にいいんですよ~ってアピールは間違いじゃない。



けど、野球やテニス、サッカーと一緒なのか、

と言われたら、それは違うと断言できる。


それから、ダンスと名がつくものは

みな同じかと聞かれたら、

おいちゃんそれもたぶん違うと答える。



ペアダンスは、
男と女の言葉を使わない会話


一人とか集団で踊るダンスと、

男女ペアで踊るダンスは、

見た目とだいぶ様子が違ってね。


言葉で表現するのは

ひじょーに難しいのだけど…



例えば、素晴らしいダンスの技術と

プロポーションと身体能力とリズム感、

人も羨むほどすべてを兼ね備えた

男女がペアを組んだら、

それはそれは素晴らしい踊りになるかというと…

必ずしもそうじゃないんですねえ(笑)


想像つくかな…(^^;


もちろん、

踊るんだから、

体動かすんだから、


関節や筋肉はほぐさなきゃならんし

運動神経も良いに越したこたあない、

音感もリズム感も。


でも、実際に踊るその二人が気持ちよいのと、

それらのフィジカルな要因とは、

必ずしも一致しないのさね。




例えばみんな、

飲み会なんか行ったとするしょ?


この人どんな人かなって

まず外見で興味持って、


どちらかが思い切って声かけて

自己紹介から始まって、

まあいろんな話をする。


で、だんだん知っていくうちに、

あらら…な時もあれば、逆に

ますます興味を惹かれる時もあるだろうね。


それが、その人の顔やカラダの造りなのか、

モノの考え方なのか、

出てくる言葉なのか、

時には匂いだったりするかも知れん。


それら全部ひっくるめて

「相性」と呼んで構わないと思うのだけど、



踊るとぜんぶ解っちゃう。(笑)



最初に手を触れた瞬間のフィーリング、

ボディを合わせた感触、

息遣い、音の感じ方、

匂い、体温…


あ、この人いい感じ…

と思ったら、たいていお話しても会話が弾むよ♪


逆なら、いくら見た目が好みでも、

あんまり深入りしない方がいい(笑)



もちろん

その人のすべてが解るワケはないけど、

入り口にかけておくフィルターとしては

かなり精度が高い(笑)


そもそもダンスでもなけりゃ、

仲良くなる前の二人が

そんな至近距離で相手を感じる

機会もなかなかないしね(^^;




…いかん、そういう話になると止まらん。(笑)



戻ります。えと…

その、男女の気配を排除したダンスの教え方。


そこにちょと一石を投じてみてもいいかなってね、

おいちゃんは思うワケさ。


ダンスの基本はチークダンスだと、

おいちゃんは言って憚らん。

他の先生方はなんて言うか知らんけど(笑)


このブログのトップページ写真、

タイトルは「チークダンス・パブ」なんですが、

そんな主張をささやかに込めて選びました。

いい感じでしょ(*´ω`)





おいちゃん学生時代、

女の子のミニスカートにつられて

競技舞踏部というのに紛れ込んだんだけど、


おねーさんが優しく手に手を取って

教えてくれるジルバ講習会、

すべて先輩のおごりで飲み食いさせてもらえる

新歓コンパが2週間ほど続いたあと、


空気は徐々に

「おどれ、ワシこの新歓でなんぼ使ったと思っとるんじゃ( ゚Д゚)?!」

みたいに変わり、とてもじゃないが

「そろそろお暇します…」

なんて言い出せない雰囲気に_| ̄|○、



そしてなし崩し的に競技ダンスの練習に入り、

最初に叩きこまれたのが

「まっすぐ立て!上を向け!笑え!

力いっぱい肘を張って何があっても落とすな!」

ですよ。┐(´д`)┌


女の子たちなんて、

初めて履くハイヒールで足が痛いのに

男子とほとんど同じメニューをやらされて、

えらいことになってました。


「笑え!」

「ハイッ!」

「下を向くな、天井しか見なくていい!」

「ハイッ!」

「声が小さいっ!!もう1ラウンドいくぞっ!」

「ハイィ~ッ!(泣き声まじり)」

「誰が腕おろしていいと言ったぁっ?!かかとも上げとけっ!ビシッ!(←竹刀)」

「はひぃ、ひぃっ!じゅる(涙と鼻水)」

「もっともっと!歯を見せて笑うんだお前ら!」




もう時効だから言うぞ。

先輩、あれは断じて笑顔じゃない( ̄△ ̄)



みんなにはあんなの決してやらせないから

どうぞ安心してください(笑)


0コメント

  • 1000 / 1000